--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.16 21:14|写真
日曜日、タイトルのとおりの企画
「武佐の森・春採湖散策ツアー」に参加してまいりました。

おなじみ「裸心プロジェクト」の方々と「釧路川と城山を語る会」の皆さんと、
何にも所属してないポッと出の僕とかと、という感じで行ってきました。

この企画の詳細はこちら。


僕が参加した動機は、最近始めた写真の修行の一環ということで。
正直、僕はどこにも所属してないのもあって
まあマイペースに写真撮りまくれたらいいかなー程度に思っていたんですが
この日はガイドさんのお陰もあり思いのほか楽しめましたよ!!



IMGP1287.jpg


というわけで「武佐の森」にやってきました。
俺は初めて来たんだけど、なんてゆうかもうジブリですね。野生です。




IMGP1290buro.jpg


そしてこちらが、この日のガイドをつとめてくださった、
武佐の森会長で、2006年に釧路市文化奨励賞を受賞されたという
釧路短期大学の大西英一教授。

ツアー後のお茶会でゆっくりお話する機会があったのですが、
メチャメチャ気さくな方で、熱い方です。



・・という感じで、いざ森の中へ。


森はもう夏の様相というか、緑一色という感じです。
リューイーソーです。


IMGP1296buro.jpg

森に入ったらもう人間は脇役って感じ。




そしてこれが、武佐の森名物の「エンレイソウ」!

IMGP1324buro.jpg

この花(草)は開花するまでに10年を要するそう。


ちなみにもう少し早い時期に来ていれば一面にこの花が咲き誇っていたそうですが、
この日にはもうだいぶ咲き終わった後という雰囲気で
キレイな花はポツポツと咲いてるなって感じでした。悔しい・・

というか、マメに来ていれば様々な表情を見られるってことですね。
森ってそうゆうもんだけど改めて実感。


IMGP1304buro.jpg

こんな感じで熱心にエンレイソウと森の解説をしてくださる教授。


ちなみにこのエンレイソウ、内地からわざわざコレを見にくる人も多いというくらい貴重なもので
内地の花屋さんではコレひとつ500円以上とかで売っているそう。うひょー。



・・・という感じで森の中を進んでいったのですが、
なんせ写真撮りまくってきたので 小分けにしてアップしますw

ということで次回につづく。



スポンサーサイト
2008.05.01 16:29|写真
こないだのお休みは、中標津に行ってきました。
その時の収穫。(写真的な)

これだけでどこの場所か分かったら観光マスターってか観光マニアだと思います。


※写真はクリックで拡大できたりします。





IMGP0489.jpg

牧場には優しい光が落ちる。








IMGP0541.jpg

蒼いフィルターのある場所








IMGP0584.jpg

クロテン
こんな出会いが待っていたとは。




動物を撮るのは、想像より遥かに面白い。
レンズが欲しくなった。






中標津すげえ。





09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Cafe Bar CHISE(ちせ)

Author:Cafe Bar CHISE(ちせ)
珈琲とお酒と軽食のお店。
チャージ料金なし。
都寿司さん向かい、寶龍さん隣。
店名の由来はアイヌ語の「チセ」。

open 19:00~25:00
close 日曜日
Tel 0154-23-7255
Mail red-heart@hotmail.co.jp

お店の地図はこちらから

写真の撮影は
PENTAX K10D
PENTAX FA35mmF2AL
にて修行中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。