スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの道端で・・・

2009.04.18 19:25|必見・ネタ集
久しぶりに 物凄く見たい映画があります。

その名も

『スラムドッグ$ミリオネア』


スラムドッグ

公式サイト http://slumdog.gyao.jp/



■ストーリー■

インド少年が警察に逮捕された。
理由は世界最大のクイズショー「クイズ$ミリオネア」に出演し
あと一問正解を出せば番組史上最高額2000万ルピー獲得まで勝ち抜いたからだ。
いまだかつて医師も弁護士もここまで勝ち残ったことはない。
しかし少年は学校にも行ったことのないスラム育ちの孤児。
一体彼はどうやって全ての答えを知りえたのか・・・。
彼の壮絶な人生を振り返る映画。


■感想■

人が人生で学べることって
どんな高い教育やお金をかけたって
けして得られるものではない。
それほど人生ってすばらしいもの。
過酷な人生を生き抜く力こそミリオンの価値がある。
力強い映画で最初から最後まで釘付けでした。
運命ってあるのだな!!と感じます
なんと一途で純度の高いラブストーリー!!
(ほぼ)インド映画ってこんなにおもしろいんだぁ

                  (年齢不明 女性)





私はまだこの映画を観ていませんが
インドに行った時 同じような感想を抱きました。



朝日が昇りきらない薄暗い道端に散らかった
牛の糞やゴミを掃除する少年

花が添えられた死にかけの牛

ポストカードを持って笑顔で外人に駆け寄る少女

大きな袋に空き缶を集め続ける片足のないおじさん

棒のような手足で息を切らしながらリキシャーをこぎ
お客さんを運び続ける青年・・・




これらを横目に路地を歩いていると



「綺麗は汚い 汚いは綺麗
 さあ飛んで行こう、霧のなか、汚れた空をかいくぐり」



と言うシェークスピアの一説が 頭に何度も浮かび
日本の教育の中で構築された既成概念が
音を出して崩れていくのを実感していました。




そして 見知らぬインド人に

「大切な話がある・・・」と呼び止められ

よくよく聞いてみると

「君のお父さんからのメッセージなんだ」と。



インドは父が他界して3年目の旅。



疑心暗鬼の私に 違う町 違う人から
同じメッセージを3回も受け
さすがに運命を感じました。

 


短い期間でしたが
私はインドの道端で
忘れてはならない多くのことを学んだ気がします。




この映画の主人公は
インドの道端で何を学んだんでしょう・・・




観たーーーーーい!!!


本日から全国ロードショーです。
スポンサーサイト

コメント

俺もこれはかなり観たい。
監督がダニーボイル。
ブリティッシュな英語もグッとくる。

なんだかすごい。
その3回のメッセージって何を言われたんですか?
気になります。

>米さん
釧路来ないんですね。。。
監督改めて調べました。
何個か観た事あったんですが
人間臭い作品が多い気がします。
イギリス人がインド映画作っちゃうっていうところも
皮肉と言うか因果を感じます。


>もちさん

それはヒ・ミ・ツですw
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Cafe Bar CHISE(ちせ)

Author:Cafe Bar CHISE(ちせ)
珈琲とお酒と軽食のお店。
チャージ料金なし。
都寿司さん向かい、寶龍さん隣。
店名の由来はアイヌ語の「チセ」。

open 19:00~25:00
close 日曜日
Tel 0154-23-7255
Mail red-heart@hotmail.co.jp

お店の地図はこちらから

写真の撮影は
PENTAX K10D
PENTAX FA35mmF2AL
にて修行中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。