スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃太郎

2009.06.03 21:14|子育て日記
以前 
息子に誰もが知っている 『桃太郎』 のお話をしようと試みてみたところ
想いの他 なかなかすんなりお話できなかったので
図書館に絵本を借りに行ったら
これがなかなか見つからない。


結局  
『こども落語』 という本の中に 『桃太郎』 の話があったので
借りてきて慣れない関西弁で読み聞かせしてました。


お父さんが息子を寝かしつけるために桃太郎のお話をしたら
逆に息子に桃太郎を詳しく説明される・・・という下りで
その一説の抜粋です↓



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

山へ芝刈りに行て、海へ洗濯に行く...わけにはいけへんさかいに、
「川」に変えてあるけれども、本当はここは「海」やねんで。山と海やねん。
で、つまり「父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深い」ということの喩えになったぁんねやで。
ほいで、川上から桃が流れてきて、持って帰って、
ポーンと割って子がでけたて、桃から子供が生まれたりせぇへんで。
桃から子供が生まれたりしたら果物屋、やかましいてしゃあない。
人間のお腹から生まれた子供が、子供のくせに鬼を退治したりしたら不自然やさかい、
神さんから授かった子供になってんねん。

ほいでな、鬼ケ島てなとこはな、この世には無いんやで。
あれはな、この渡る世間を鬼ケ島に喩えてある。
人間と生まれたら、世の中の苦労をせんならん。なぁ、これが鬼ケ島や。

渡る世間に鬼は無いというけれども、おとうはん、あんた、分かるかなぁ。
渡る世間は鬼ばっかりやで。世間というところは恐ろしいところやで、
おとうはん...ちょっと、あんた、ボーッとしてたらあけへんのやで。
しっかりしてや、なぁ、世の荒波にもまれる、これが鬼ケ島の鬼退治やないかい。

犬と猿と雉が出てくるやろ。
これ、動物三種、なんでもええと思うたら大間違いやで。
犬は三日飼われたら三年恩を忘れんというぐらい、仁義に篤い動物や。
猿は猿知恵ちゅうてバカにするけれども、なかなかどうして、人間どけたら一番知恵がある。
雉というのは勇気のある鳥やで。
卵を抱いてるときにヘビが卵を狙うて寄ってきよったらな、
自分の身体をおとりにして身体を巻くだけ巻かしといて、
十分に巻いたところでパチンと切々れに弾いてしまうというぐらいに落ち着いた勇気のある鳥や。

つまり、この三匹で仁、智、勇という三つの徳が表されてあるねん。

さいぜん、「キビ団子という美味しいもの」て云うたやろ。
あんなスカタンなこと云うたらあかんで。
キビちゅうたら、五穀の中でも米や麦に比べたら粗末なもんや。
キビの団子云うたら、粗末なモンの代名詞やな。
つまり「贅沢したらあかん」という教えがこのキビ団子や。

そやさかいに、人間と生まれた以上は、鬼ケ島の鬼退治、つまりこの世の苦労をせんならん。
その時に贅沢をせずに、質素を守って、仁、智、勇という三つの徳を身に付けて、
一生懸命に働いて、いろんな目にあい、いろんな苦労をして、
ほいでやがて鬼を退治して山のような宝物を手に入れんねや。

この宝物というのは、
世間へ出て身につける信用とか、名誉とか、地位とか、財産とか、そういう宝や。
そういうものを身につけた立派な、世の中の役に立つ一人前の人間になってやな、
ほいで、親に孝行し、家名をあげるという、
これが人間として一番の大事な道や、ということをやな、
昔の人が子供にでも分かるように、面白い話しに仕組んどいてくれたんや。

それぐらいようできた話しを、あんな云い方したら、値打ちもなにもあらへんで。

おとうはん、僕の前やからええけど、よそへ行ってあんなこと云うたらあかんで。
恥かくさかいに。親の恥は子の恥やさかいな。
僕まで辛いさかいに、そんなこと云わんようにしてや、わかったな、ええか?

これ、おとうはん?

...ああ、寝てしもたがな。今どきの親は、罪がないわい...


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


少々長くなりましたが 
てなオチでしめくくられてるんです。


ねるほどなぁ・・・と感心してしまいました。


これを読んでも尚 
猿と犬は犬猿の仲じゃないのかと気にしている私は
近い将来 このお父さんのように
我が息子に世の中の摂理を切々と解かれること間違いなし。


そして気になるその実体は・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Cafe Bar CHISE(ちせ)

Author:Cafe Bar CHISE(ちせ)
珈琲とお酒と軽食のお店。
チャージ料金なし。
都寿司さん向かい、寶龍さん隣。
店名の由来はアイヌ語の「チセ」。

open 19:00~25:00
close 日曜日
Tel 0154-23-7255
Mail red-heart@hotmail.co.jp

お店の地図はこちらから

写真の撮影は
PENTAX K10D
PENTAX FA35mmF2AL
にて修行中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。