スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糠平温泉『中村屋』

2009.12.02 20:31|子連れでお出掛け
すっかり報告が遅くなってしまいましたが
先日 結婚祝いに糠平の 中村屋 に行ってきました。

お客さんで大の温泉好きの方がいらして
その方が今まで行った温泉宿の中で一番良かったと紹介してくださった所です。


宿はとてもレトロな雰囲気。
着くとまずは子供の甚平選び。
samueitirann.jpg
これが時代劇に出てくる子供みたいでなんともかわいい。
だのに渓竜 着てすぐにジュースをこぼし撃沈w


今回私たちのメインテーマはなんと言っても糠平湯めぐり
なんと宿泊すると糠平の宿7件の温泉に入れるパスをタダでもらえちゃうんです。
top-090627.jpg

私たちは
「森のふくろう」の貸切風呂と
「山の旅籠 山湖荘」の洞窟風呂
「中村屋」の温泉3種類。

「中村屋の夜の露天風呂は満天の星空が見えるから絶対行きなさい!!」

と念を押されたのに息子が寝てしまったので
旦那が寂しそうに1人で入ってきてました。

top-070905.jpg
キレイだったのかなぁ?


食事は
宿の方が自ら採ってきた山菜や草花、地元十勝産の野菜・魚・肉などを使った
素材ひとつひとつの味を楽しめるフルコース。
shokuji.jpg

食前には手作りの山菜・果実酒。
kajitushu.jpg


余談ですがこの宿に2泊以上すると湯めぐりだけではなく
味めぐりと言って
他の宿の食事まで食べれてしまうそうです。

すごい・・・そんなの聞いたことないですw

部屋に戻ってゆっくり~っと思ったんですが
息子が電話・冷蔵庫・テレビ・湯のみで悪戯をしまくるので
あえなくロビーへ移動。

ロビーにはエスプレッソ・そば茶のセルフサービスの他
火鉢が何個かあってその隣にある士幌ポテチを勝手に炙って食べれるんです。
イングリッシュマフィン150円、源泉おやき200円なんかもあって
息子が他の子供たちと遊んでるのを横目に
ソファにゆったり座ってくつろぎながら食べました。

画像 041

画像 049
「うまー!」


いたる所に棚があって本や漫画が読み放題なんですが
この宿にはヒトリシズカという貸切部屋があって
そこでゆっくり本を読んだり音楽を聴いたりDVDを観たりできるんですって!
hitorisizuka.jpg

「好きなCDやDVDを持っていって大音量で聞いてみて!・・・もう最高だから!」

と言われていたんですが
これまた実現ならず。。。

息子がロビーにいる看板犬のモモちゃんを気に入って
彼女の周りを「ワンワン」と指差しながら三輪車でぐるぐる回って離れないw
画像 087
「ウザイんですけど・・・」

でも私はロビーでさりげなく流れていたJoanna Wang(最近 最も注目していたアーティスト)
に感激したからいいのです。

いや・・・本当はヒトリシズカに入ってみたかった。


ロビーで散々遊んで疲れた私と息子はそそくさと寝てしまったんですが
その後 旦那はロビーで一杯やりながら他のお客さんと色んな話を満喫したそうです。

きっとこの宿には人と人を自然と繋げてくれる
優しい空気が流れているからなんでしょうね。


翌朝
朝風呂から帰ってくると部屋のドアの横にこんな袋が引っかかってました。
早朝の牛乳配達サービス
画像 094
上士幌の「十勝しんむら牧場」というところの牛乳だそうです。
一口飲んでびっくり!
チーズケーキかと思うくらい甘味&濃厚さ・・・なのに後味さっぱり。
こんなに美味しい牛乳なら毎日飲ませたい。

さて朝ご飯はビュッフェでこれまたナシュラルフード。
和・洋 何十品あったのか・・・とにかくすごく豪華でした。
pan-photo.jpg

中でも焼きたてパン・手作り野菜ジュースが3種類くらいあったんですが
想像以上に美味しくて母子共に食べて飲みまくってました。


それからまたお風呂。

どんだけ入ってるんでしょうねw


だってチェックアウト15時迄なんですもん!

なんと4月と11月は
正午チェックイン、15時チェックアウト、合計滞在27時間が可能なんです!


それでも足りない・・・連泊したい・・・と思わせてくれる
贅沢で楽しみがいっぱい詰まった素敵な温泉宿でした。


皆さんも機会があれば是非行ってみてください。
スポンサーサイト

コメント

え~ ステキ~!!!!
うちらも年末は阿寒の鶴雅に泊まるんだけど
いまからドキドキ。
澄玲がいたずら盛り&暴れん坊だからさぁ。
悪さしないといいな・・・。

家族で行くならかまってくれる人いっぱいいるし
少しでも396がゆっくりできるといいね。
鶴雅泊まった事ないなぁ。
評判いいよねぇ。

宿の名前が素晴らしいですねぇ・・・・。

シンプルですよねw
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Cafe Bar CHISE(ちせ)

Author:Cafe Bar CHISE(ちせ)
珈琲とお酒と軽食のお店。
チャージ料金なし。
都寿司さん向かい、寶龍さん隣。
店名の由来はアイヌ語の「チセ」。

open 19:00~25:00
close 日曜日
Tel 0154-23-7255
Mail red-heart@hotmail.co.jp

お店の地図はこちらから

写真の撮影は
PENTAX K10D
PENTAX FA35mmF2AL
にて修行中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。