スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボブ・ディラン バイオグラフィ映画『I'm Not There』が公開される。

2008.04.23 22:06|おすすめ音楽
202b223d.jpg

ボブ・ディランの伝記的映画『I'm Not There』がついに日本公開されるそうです!
それを受けて、僕らが毎日聞いているFM NORTH WAVEでも
ディラン話題で盛り上がっています。


ディラン先生は、ここで説明するまでもなくスゴイ人なのですが、
僕ら世代だと音楽やってたりしてた人じゃないと
あまり馴染みが無いのかもしれません。

えらそうに言っちゃうと、やっぱこの人の音楽は聴いとくべきっすよ!
音的なことでも、詩的な面でも、必ず価値ありと断言できます。

・・と言いつつ僕は、中学生くらいのときにビートルズとかクラプトンとか
そうゆうのを聴いていた勢いで初めてディラン先生の音楽に触れたのですが
正直その時は分かりませんでした。「良さ」とか「意味」が。

で、高校くらいから楽器をちょこちょこ弾いたり
いろいろな音楽に触れるにつれて、少しづつ「あ、今聴くと違うな、いいなぁ」
と思うようになってきました。

20歳を過ぎたあたりから「ちょwwこんな凄かったっけwwwディランスゴス」
という感じにになってきました。

そして現在の僕にとってのディランは「先生」です。



そんな僕のオススメのディラン先生のアルバムを2枚。


IMGP0443_convert_20080423212857.jpg

『Highway 61 Revisited』 '65   邦題「追憶のハイウェイ 61」

超名盤。あの伝説の曲が収録されています。
自分が歳をとるほど良く聴こえる、聴く時の自分次第で表情を変える、
不思議な魔法のかかったアルバム。



IMGP0444_convert_20080423213032.jpg

『MTV UNPLUGGED』 '04

1994年に収録された、MTVアンプラグドのもよう。
「追憶のハイウェイ61」から30年も経つ。その違いを聴きたいこのアルバム。
それだけではなく貴重なトラック「John Brown」が入っているというのも
オススメの理由のひとつ。60年代初頭には作られていたこの曲、
反戦メッセージを込めた名曲なんだけど、いまだ正式リリースはされていない(はず)。
そうゆう意味でもお得な一枚。



もちろん、まだまだ名盤を挙げると尽きないんだけど、
ディランに触れたことがない方はこの2枚くらいを聴いてみて
そして映画『I'm Not There』を観るとおそらく数倍楽しめるはず!
この機会にぜひ、伝説の音楽に触れてみては。



そしてもちろん、この映画『I'm Not There』は

釧路では上映しません。


・・・ワーナー釧路にみんなで投書しようぜ!
(H.P.には投書箱的なものはありませんでした!)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Cafe Bar CHISE(ちせ)

Author:Cafe Bar CHISE(ちせ)
珈琲とお酒と軽食のお店。
チャージ料金なし。
都寿司さん向かい、寶龍さん隣。
店名の由来はアイヌ語の「チセ」。

open 19:00~25:00
close 日曜日
Tel 0154-23-7255
Mail red-heart@hotmail.co.jp

お店の地図はこちらから

写真の撮影は
PENTAX K10D
PENTAX FA35mmF2AL
にて修行中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。