スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「学問のすすめ」

2008.12.06 00:12|未分類
ふと思い立って、久々にネット図書館「青空文庫」で
福沢諭吉先生の「学問のすすめ」を読みました。

自分セレクションの名言集を、メモがてら書いてみます。






初編


「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。


「人は生まれながらにして貴賤貧富の別なし。
 ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、
 無学なる者は貧人となり下人となるなり」



よく「人の上に人を造らず」という言葉が軽く誤解されているって話題がありますが、
その後に続く文章が真意であって「学問のすすめ」の肝だと思います。

要は、みんな精神は平等だとしても勉強しないとダメよ、ってことでしょう。






二編


「かかる愚民を支配するにはとても道理をもって諭(さと)すべき方便なければ、
 ただ威をもって畏(おど)すのみ。」



威圧的だたり強引だったりって手法を使うのは、道理を持ち合わせていないから。


気をつけます。






三編



「独立の気力なき者は国を思うこと深切ならず。」


「独立の気力なき者は必ず人に依頼す、
 人に依頼する者は必ず人を恐る、
 人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり」




人の力に拠りすがっているうちは、人に恩義を尽くしておらず、
そうあるうちは人を掌握する立場のものごと(政治、会社、部活とかもそう?)
を考えている場合じゃない。






四編


「今わが国の文明を進むるには、まずかの人心に浸潤したる気風を一掃せざるべからず。」

「人間の事業はひとり政府の任にあらず。学者は学者にて私に事を行なうべし、
 町人は町人にて私に事をなすべし、政府も日本の政府なり、
 人民も日本の人民なり、政府は恐るべからず近づくべし、疑うべからず親しむべし」



150年も経過してるのに、まるで現在のことを語られているようです。

んで、これは国ってものに対する戒めですが、
会社や各種の組織もまったく当てはまるなぁ、と思います。
この2点を遂行できているのが健全な組織だよなって感じ。





「見込みあればこれを試みざるべからず。
 未だ試みずして先ずその成否を疑う者は、
 これを勇者というべからず」



勇者になりたいです。

ってかコレも、今もよく言われることだよなー。







五編



「読書は学問の術なり、学問は事をなすの術なり。
 実地に接して事に慣るるにあらざればけっして勇力を生ずべからず。



気をつけます・・・・
なんとなく分かった気になっちゃってる、ってこと、身に覚えあり。




「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。
 進まず退かずして潴滞(ちょたい)する者はあるべからざるの理なり。」



人は「退いている」か「進んでいる」かどちらか。
・・・今どっちだろう俺。



考えてみよう。








まだ五編ですが、長くなるので
また気が向いたら続き書きます(*´д`*)





ネット図書館「青空文庫」
http://www.aozora.gr.jp/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Cafe Bar CHISE(ちせ)

Author:Cafe Bar CHISE(ちせ)
珈琲とお酒と軽食のお店。
チャージ料金なし。
都寿司さん向かい、寶龍さん隣。
店名の由来はアイヌ語の「チセ」。

open 19:00~25:00
close 日曜日
Tel 0154-23-7255
Mail red-heart@hotmail.co.jp

お店の地図はこちらから

写真の撮影は
PENTAX K10D
PENTAX FA35mmF2AL
にて修行中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。